読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の森林限界

情報工学学生ではありますが、記事内容はそうとは限りません。気になったものについて不可思議な文章を書き連ねます。

気になる御飯:面白ラーメン「bird」

グルメ

ちょっと変わった個性的ラーメン

 

今日の夕飯、何か面白いものが食べたい…

そう思う夜が誰しもあるでしょう。

 

そんなあなた、今夜はこんな麺類はいかがでしょうか?

 

大阪東梅田のラーメン店、bird。

阪急東通商店街の横道、道案内の看板通りに進んでいきますと、縦縞モノトーンがひと際目につくこじんまりとした建物。

ここが件のお店。

 

f:id:hardAstarboard:20160331032837j:plain

 

店内は一見バーのような内装ですが、ゴツイ機材諸々や店員さんの服装にせよ面構えにせよ、ラーメン屋であることを強く主張しております。

洒落た店構えを見ると若干身構えてしまう私としては、こういう雰囲気を感じると緊張が緩んで大変有り難い。

 

さて、お洒落ではあれ、何が「面白い」のか、と疑問を抱かれる頃かもしれません。

そこで、こちらの写真を見ていただきたい。

 

f:id:hardAstarboard:20160319040328j:plain

 

美味しそうな濃厚鶏がらスープと麺、甘め味付けのチャーシューの上・・・

何か乗ってますね。繊細な白糸が寄り集まった綿毛のようなフワフワの何か。あまりラーメン上に、というより大方の食卓上に鎮座することはなさそうな何かが。

 

綿あめ。

白く輝く綿あめがさも当然のように熱々のラーメン直上に乗っかっているわけなのです。

 

嗚呼、そもそもの所、綿あめを見たこと自体いつ振りでしょうか。

幼い頃、家族と訪れた夏の夜の縁日振りか・・・

あ、いえ、そういえば最近ワタパチを大量購入したことを思い出しました。

 

閑話休題、さておいて、

この綿あめ、当然ながら凄い勢いで溶けていきます。

綿あめの山が傾き倒れながら熱々スープの中に溶け込んでゆく様は、諸行無常を思わせたり思わせなかったり・・・。

 

見た目的にも楽しいですが、

この綿あめ、スープのかえしの機能もある・・・らしいですよ?

出展 : http://guide.travel.co.jp/article/5268/

 

お味は濃厚ながらあっさりとしていて、ほんのり甘い鶏がらスープが美味です。

チャーシューもちょっと甘めで食べ応えあり。

 

朝の5時まで空いているそうなので、夕飯はもちろん、締めの一杯にもいいかもですねぇ。